貸衣装ドレスのアクセサリー

SPONSORED LINK

ウエディングドレスに合わせるアクセサリーも同じお店で借りられる場合がありますし、アクセサリーだけ別の貸衣装を利用したり、自前でご用意したりと、ドレスよりも自由度は高くなっています。

ひとつだけ気をつけたいのが、自前や別のお店など、ドレスと別々に用意するときちぐはぐにならないよう、デザインやグレードなどを試着のときに合わせて準備することです。

現在、イミテーションのジュエリーとしてだけでなく、ちゃんとしたウエディングジュエリーとして認められている、ラインストーンを利用したアクセサリーなどの場合は特に気をつけましょう。
ラインストーンと一口に言っても、品質やデザインはものによってばらつきがあります。
スワロフスキーを使用しているから大丈夫、などと過信していたらドレスのデザインに負けてしまうことも。

パールのアクセサリーの場合も、本物を使ったために輝きが控えめでドレスと合わなかったり、ほかにイミテーションパールがぎらぎらしてしまって台無しになってしまったりという可能性があります。

できれば、ネックレス・耳飾り(イヤリング・ピアス)・髪飾り(ヘアアクセサリー)のデザインは統一して、モチーフを使用した結婚指輪ならば同じモチーフを選ばれるのが正解です。
例えば結婚指輪にハートやクローバー、クロスなどのデザインがあれば、同系統のモチーフでまとめるとエレガントですよ。

ティアラやヘッドアクセサリーなどは貸衣装の場合、ヴェールやドレスを傷つけないデザインのものを選ばれるのがオススメです。
ラインストーンなら立て爪のものでなくはめ込み式のものが良いでしょう。
心配な方はパールを使ったものや花冠などが無難です。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!新婦の貸衣装[ドレス]の関連記事