貸衣装ドレスの種類-デコルテなど

SPONSORED LINK

特に服飾関係や美容業界などで洋服の襟元にあたるラインのことを「デコルテ」と呼びます。
本来はフランス語ですが、英語でもデコルテで通じます。
ネックラインと呼ぶこともあり、ウエディングドレスのデザインでは印象を左右する大きなポイントの一つになっています。

ウエディングドレスのデコルテのデザインといえば今は「オフショルダー」のものが多いのではないでしょうか。
肩周りをゆったり隠してくれるため、肩幅のある方や二の腕が気になる方によく選ばれています。

「丸首」デザインのものは首が長く細い方に、「Vライン」デザインのものは丸顔の方にオススメです。
「スタンドカラー」デザインのものはデコルテが上品に隠れますから、お胸が大きな方でも清楚なイメージになりますね。
個性的なドレスなら「ワンショルダー」のものも選ばれています。
いずれも似合ったものを選ばれればお顔の形や体型をカバーしてくれたり、美しさを更にサポートしてくれます。

一昔前のウエディングドレスはもったりとした長袖かノースリーブの二択でしたが、現在では「姫袖(パゴダスリーブ)」のドレスが人気です。
腕の太さが気になる方も、逆に細すぎる方もカバーできますね。
グローブ(手袋)やアームカバーなども含めると、腕周りのデザインもバリエーションが豊かです。

ほかにドレスの丈やスカートのデザインなど、選択肢は無限大です。
ただの服ではないウエディングドレスですから、お好みのデザインと似合うデザインと、ご予算に合わせて選んでいきましょう。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!新婦の貸衣装[ドレス]の関連記事
  • category
    新婦の貸衣装[ドレス]

    多くの女性が一度は着てみたいと思っているのがウエディングドレスですね。いま、過去にドレスが着られなかった方や式を挙げられなかった方のやり直しウエディングや、経費をできるだけ抑えたい方のために、ウエディングドレスの貸し衣装が注目されています。

  • category
    新婦の貸衣装[ドレス]

    ウエディングドレスの購入を考えている方でも、一度貸衣装でドレスを選ばれて、それを見本にお仕立てされるのが良いかもしれませんね。 まずはどのようなドレスを着たいかを明確にしていくのがオススメです。

  • category
    新婦の貸衣装[ドレス]

    ウエディングドレスはデザインによるいくつかの種類があります。大まかに、スカートの広がり方のシルエットによる種類と、首・胸・背中周りのデザインによる種類が有名です。 まずスカートの種類ですが、現在主流なのは5パターンあります。