参列者の方のアクセサリーも、お式の雰囲気に合わせて選ばれるのが一番です。
多くの方がいらっしゃる華やかなお式では、女性はネックレスと両耳の三点セット、男性はカフスボタンとタイピンやタイリングの三点セットをご用意されると良いでしょう。
ご結婚される方が比較的年配だったり、軽装でいらっしゃるお式の場合、アクセサリーの着用はOKですがあまり目立ちすぎないよう控えめにされるのがオススメです。

結婚式への参列に使うなら、宝石類は真珠かラインストーンを選ばれると良いでしょう。
お昼の結婚式なら特にぎらぎら光るものは避けられるのが良いですね。
コサージュは生花を避ける、ティアラは花嫁とカブッてしまうので避ける、大降りでゆれるアクセサリーは「家庭が揺れる」に通じるため避けるなど、ちょっとした気遣いが大切です。

和服で列席される場合はお着物が一番の装いになりますから、結婚指輪以外のアクセサリー類は避けられるのが一般的です。

女性ならシンプルなイヤリングやピアスなどならつけられますが、できればかんざしなどに凝られたほうが見栄えが良くなりますよ。
男性の場合、洋服・和服共にイヤリングやピアス類はお祝いの場では外しておかれるのが無難です。
ブレスレットなども貸衣装の場合は服を傷めることがあるので、できるだけ外しておきましょう。

手回り品を入れるバッグ等は、布製やエナメル製など、生き物の皮などを使っていないものをチョイスするとお祝いの場にふさわしくなります。
フェイクでもファーは避けられるのが良いですね。
これらのルールは最近あまりうるさくなくなっているようですが、同席される方の心象を損ねてしまう場合もあります。

アクセサリー類も扱っている貸衣装屋さんはありますから、ちょっとしたルールやタブーに触れないものを選ばれたり、アドバイスをもらったりしてお祝いの場を盛り上げましょう。