参列者の貸衣装の選び方[知人・友人]

SPONSORED LINK

お友達の結婚式にご招待されたときは、お式の格や規模に合わせて衣装を選ばれるのが良いでしょう。
例えばカジュアルなガーデンウエディングなどの場合、女性ならワンピースに上着を合わせ、ネックレスなどをつけられるスタイルがオススメです。
男性の場合、カジュアルなお式なら通勤用スーツでも出席できますね。

逆にご親族がたくさん来られるホテルでの披露宴などの場合でしたら、女性はドレス・男性はフォーマルスーツで参加されるのが一般的です。
お着物をお召しになる場合もありますが、ご親族と間違われない程度の格を意識して選ぶのが良いでしょう。

ときどき耳にするのが、友人の結婚式にチャイナドレスやアオザイなどの民族衣装で出席されるケースです。
ご本人が中国やベトナムの方なら、きちんとお式にふさわしい格の民族衣装を着られた場合のみ正装に当たりますが、純日本人が同じことをするとただのコスプレになってしまうので避けましょう。

主役である花嫁・花婿さんより目立ってしまうのもルール違反です。
どうしても着たい民族衣装がある場合は二次会用などに取っておき、結婚式・披露宴では日本人としてふさわしい正装で参加するのが一番ですね。
主役のお二人が民族衣装を着られる場合、ご本人たちにドレスコードを確認してください。

貸衣装を利用される場合は扱っていないところも多いでしょうが、革靴以外の蛇皮や革製品、毛皮などを使った衣装・バッグ等は日本の結婚式ではタブーになっています。
生き物を殺して、その皮を使っているものですから、お祝いの場にふさわしくないのは判っていただけると思います。

また靴を借りられる場合、女性はオープントゥがNGになっています。
これは日本独自の風習で、つま先が出ているから「妻が(籍から)先に出る」という駄洒落のせいだと言われています。

女性・男性共に、季節や式場の環境によって、冷房が効きすぎてじっと座っているのがつらくなったり、屋外のお式で日焼けしてしまったりという可能性もあります。
できれば出席の連絡をされる際にどんなお式なのか一言聞いておくのがオススメですよ。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!参列者の貸衣装の関連記事
  • category
    参列者の貸衣装

    前々からご招待される予定があった方にも、急に呼ばれて急がなければならない参列者の方にも、貸衣装店を利用するメリットがあります。 まず、奇抜な服装にならないことがメリットのひとつです。

  • category
    参列者の貸衣装

    参列者の貸衣装にはさまざまな種類がありますから、購入を検討されている方の場合も一度貸衣装店で試着してみたり、どんなものがあるのか相談してみるのがオススメです。

  • category
    参列者の貸衣装

    参列者の方のアクセサリーも、お式の雰囲気に合わせて選ばれるのが一番です。多くの方がいらっしゃる華やかなお式では、女性はネックレスと両耳の三点セット、男性はカフスボタンとタイピンやタイリングの三点セットをご用意されると良いでしょう。