貸衣装和服・民族衣装の選び方

SPONSORED LINK

和服の婚礼衣装には大きく分けて、「色打ち掛け」と「白無垢」があります。
どちらを選ばれるかはお好みになりますが、地域的な風習やご親族の意向なども関わってきますから、できれば試着の時点で周りの方とよくご相談されるのがオススメです。

例えば一番上に着る打ち掛けのみ先祖から伝わるものを着てほしいといった場合や、打ち掛け/白無垢で配偶者様と好みが分かれたりといった場合もあります。
できれば妥協せずお好きなものを着られたいのは山々ですが、一生に一度のお式にしたいのはお互い様ですから、心からお祝いしていただける結婚式を目指されるのが一番です。

白無垢・色打ち掛け共に、素材やブランドなどによって貸衣装でも価格帯に幅があります。
いろいろなお店で相場を調べてみましょう。
白無垢から色打ち掛けや振袖へのお色直しは上着を着替えるだけですからさほど時間がかからず、一度全て脱がなければいけないドレスへのお色直しより手軽です。

韓国系の花嫁衣裳はチマチョゴリになります。
婚礼衣装のチマチョゴリは青や落ち着いた緑系の色、小豆色・ボルドーのような落ち着いた赤、くちなし色などが主流です。
重ね着や色あわせによって、落ち着いた雰囲気から華やかな雰囲気まで演出できます。
特に伝統を重んじるご親族が出席される場合は、喪中を表す生成りなどを避けられるのが無難だと思います。

ほかの地域の民族衣装を選ばれるときも、現地でタブーとされている色や形があることを念頭において、できるだけご親族と交流しながら、風習に沿いつつ好みに一番近いものを選ばれるのが正解ですね。
貸衣装の場合、民族衣装を扱っているお店なら詳しいアドバイザーがいることも多いですが、配偶者様の出身地域での風習まではカバーできないことがあります。
狭い日本だけでも、北海道と九州の婚礼作法には違いがあります。
皆さんに祝福していただけるよう、お互いの作法と好みを照らし合わせて決めていきましょう。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!新婦の貸衣装[和服・民族衣装]の関連記事