貸衣装和服の種類

SPONSORED LINK

日本の民族衣装である和服での花嫁衣裳には、大きく分けて三つあります。

まず室町時代から武家などで使われていた「白無垢」は、婚礼衣装の中で一番格上とされていました。
現在では格付けなどは廃れていますが、頭からつま先まで全て真っ白の和装である白無垢は嫁ぎ先・配偶者様の色に染まりますという決意を表していますから、特にお年を召した祖父母様が来られるお式でしたら喜ばれる傾向があります。
白無垢の場合は真っ白の生地に白の刺繍が多いため、写真うつりの面で避けられることもしばしばです。

現在は同格とされている「色打ち掛け」ですが、打ち掛けという着物はいわゆる上着のことで、別名を「お掻い取り」といいます。
中には振袖をお召しになるのが一般的です。
お色は赤か黒が主流ですが、青や緑といった個性的なカラーの打ちかけもあり、刺繍や染付けとあわせてお好みのスタイルが写真などに残りやすい特徴があります。

現在の結婚式では、挙式(神社やお寺)では白無垢、披露宴では色打ち掛けというスタイルが一般的になっていますから、両方セットで借りられるのもオススメです。

どちらの場合も、綿帽子と呼ばれる頭巾や角隠しと呼ばれる帽子のようなものを頭にかぶるのが慣わしになっていますし、末広と呼ばれる使わない扇子や筥迫・懐剣といった昔の風習を残す小物類、ぞうりなども必要になります。
着付けと小物類まで全て面倒を見てくれる貸衣装屋さんを選ばれると、割高になっても満足度が高いお式が上げられるのではないかと思います。

お年を召した方や二度目以降の方、またおめでた婚などの場合で「振袖」のみお召しになられる軽装婚も近頃増えているようです。
こちらが一番手ごろな価格になりますし、和服を着慣れていない方も着崩れを直しやすいというメリットがあります。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!新婦の貸衣装[和服・民族衣装]の関連記事