貸衣装和服・民族衣装のメリット

SPONSORED LINK

新郎の着物を貸衣装でご用意される一番のメリットは、新婦の衣装との格を合わせやすいことかもしれません。
新婦の白無垢・色打ち掛けはデザインや生地の品質によって写真写りを左右するほどわかりやすく格がありますが、男性の和装礼服は基本的に「正礼装」と呼ばれる一種類のみです。

細かい決まりごとがあるのは女性用の正装と同じで、かつ地域での風習・しきたりなどもありますが、両肩、両胸、襟首と家紋が五つついたものをお召しになるのが一般的です。
貸衣装ではご自分の家紋をご存じない方やもともと家紋をお持ちでないおうちでも見栄えが良いように、どんなおうちでも使える桐の家紋の和装を必ずご用意しています。

一昔前は珍しい家紋の場合も桐をあしらったものを借りられる場合が多かったようですが、最近では布地のシール状になった家紋を貼り付けられるようになっている道具もありますから、ご自宅の家紋がわかっている方も安心です。

因みに正礼装をお仕立てした場合、お子様の結婚式やご親族のお葬式などに着ることができますが、逆にそれ以外のシーンで着ることはまれです。
普段から和服をよく着られる方も、お子様の七五三などのお祝いには略礼装という一段カジュアルなものを使われています。

和服はサイズで着られなくなることが少ない衣装ですが、保管場所の確保や年に数度虫干ししなければならないなどの手間がかかるため、必要なときだけご用意できる貸衣装を賢く利用されるのが良いのではないでしょうか。

国際結婚の方などによく利用されている民族衣装の婚礼貸衣装も、現地での気候風土に合った衣装ですから作られると保管・メンテナンスの手間がかかります。
お相手のご親族がどうしてもとおっしゃっているとき以外は貸衣装で手軽にご用意されるのが正解だと思います。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!新郎の貸衣装[和服・民族衣装]の関連記事