貸衣装和服・民族衣装の選び方

SPONSORED LINK

貸衣装で新郎の和服を選ばれる場合、新婦の衣装を借りられるお店でセットとしてご用意されることが多いようです。
紋付・はかまの正礼装は型が決まっている上、和服の特性としてサイズもさほどこだわらなくていい特徴があるためです。

例えば配偶者様はご先祖から伝わったものを使って新郎のみ貸衣装を着られるという場合なら、花嫁衣裳を試着された写真などを持って、生地などのランクを合わせられるとまとまりのある新郎衣装がご用意できます。

夏場のお式の場合は絽(ろ)という生地の、透け感のある着物をお召しになるのが一般的です。
配偶者様が振袖のみなど、少しカジュアルなお式の場合は、セミフォーマルにあたる紗(しゃ)という生地のお着物の場合もあるようです。
いずれも式場や出席者の手配などが終わった時点で、この着物なら花嫁と釣り合いが取れているとご親族皆様に認めていただけるものを決めておかれるのが良いでしょう。

民族衣装の選び方の場合、花嫁衣裳と格を合わせるだけでなく、身の丈に合った格の衣装を選ばれるのがオススメです。
世界各国では日本で思いつきもしないようなタブーがある国や、その国の一般文化と違う風習をもつ地域も存在します。

お互いに両家の祝福と橋渡しをするのが結婚式の第一の目的ですから、知らない間に地雷を踏んでいたといったトラブルが起こらないよう、綿密に相談しながら選ばれるのが良いでしょう。
結婚式での花婿・花嫁は主役であるだけでなく、ご両家の親族というお客様をお呼びする招待主であることも忘れてはいけません。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!新郎の貸衣装[和服・民族衣装]の関連記事