貸衣装和服の種類

SPONSORED LINK

和服での新郎の婚礼衣装は「正礼装」のひとつのみです。
多くの方が白の下着に黒の羽織・黒の着物、縞柄(しまがら)の袴を合わせ、白鼻緒・畳表のぞうりをはかれるようになっています。
和服の場合は洋服と違い、昼/夜の区別なく着られます。

末広(扇)や下着・ぞうりの色など、細かいしきたりについてはお住まいの地域によって差が出る場合もありますので、できればご親族で一番こだわりのある方にお任せすると角が立たなくなりますね。
全国的には下着・末広共に白が一般的なようですが、心配な場合は相談して決めていきましょう。

未婚で大人の男性が正礼装の和服を着る機会といえば、成人式くらいでしょうか。
近頃は成人式・結婚式共に、白の羽織袴やカラーのものなどもありますが、こちらは一歩間違えると時代劇の悪代官のような見た目になってしまうことも。
結婚式に関しては両家のご親族がお祝いできる雰囲気づくりも大切ですから、できれば通例どおり黒の正礼装をお召しになるのが良いでしょう。

ご自宅の家紋がわからない場合や、貸衣装で扱っていないような珍しい図案の場合は「五三の桐」という家紋を用いるのが一般的です。
この家紋はもともと皇室で使われていたもので、織田信長や豊臣秀吉も使用していました。
今も高野山金剛峰寺など天皇家が認めたお寺などで使われています。

全国に広まったのは、武将が家臣に与えたものが始まりで、代々受け継がれていくうちに一般的になっていったものだそうです。
ご親族の元をたどれば誰かがほぼ確実に使っていた家紋ですから、貸衣装店でもよく扱われています。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!新郎の貸衣装[和服・民族衣装]の関連記事