貸衣装スーツの種類

SPONSORED LINK

男性用の礼服・正装には「昼用」と「夜用」があります。
昼用の正装は午後六時より前に着られることを前提にしたスーツがいくつかあります。

特に有名なのが「モーニングコート」と呼ばれる、フロックコートの変形版でしょう。
ジャケットにはひとつだけのボタンがつき、襟の布がとがっているピークドラペルが特徴です。
シャツやネクタイなどにも細やかなしきたりがありますが、貸衣装を利用されれば一般的な合わせる小物類の例を出してもらえます。
どうしてもこれが使いたい、というネクタイやカフスボタンなどがある場合も、貸し衣装店のプロと相談しながら決めることができますね。

お年を召した方やどちらかが二度目の場合、またご親族との食事会のみといった簡単なお式の場合は「ディレクターズスーツ」や「ブラックスーツ・ダークスーツ」でも大丈夫です。
こちらのスーツの場合はお仕事でパーティーに呼ばれた場合などでも利用できます。

特に「ディレクターズスーツ」は近年カラースーツや白・シルバーなど華やかなカラーリングも展開されていますから、配偶者様のドレスに負けない装いも可能になっています。
比較的しきたりが少ないため、個性的なお式にされたい方は特にディレクターズスーツを選ばれているようです。

「ブラックスーツ・ダークスーツ」の場合は生地の品質や裁断パターンに注目し、サービス業の方や通勤用に見えない工夫をされると良いでしょう。
スーツで一番重要なシルエットが決まりやすい特徴はありますが、ネクタイやシャツなどで上手に新郎であることをアピールしないと新婦のドレスの添え物になってしまうこともあります。
いずれの場合も、式場の方や貸し衣装店の方と相談しつつ、配偶者様が満足されるスーツを選ばれるのが一番だと思います。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!新郎の貸衣装[スーツ・タキシード]の関連記事