貸衣装タキシードの種類

SPONSORED LINK

「タキシード」は男性の夜用の礼服でも格式が高いものとして知られています。
現在日本では昼間着ても問題ありませんが、格式にこだわられる方がいらっしゃるお式ではできれば午後六時以降にお召しになられるのが良いでしょう。
ひとつボタンのジャケットとカマーバンドと呼ばれる腰巻が特徴で、こちらもシャツやネクタイなどにしきたりがあります。

タキシードより更に一段格が高くなる「燕尾服(イブニング)」もあります。
ひざ裏まで垂れた六つボタンのジャケットとベストつきの三つ揃いが一般的ですね。
昼用の「モーニングコート」の夜バージョンです。
夕方以降のお色直しの場合はモーニングコートからイブニングに着替えられるとスマートです。

夜用の礼服はどちらもベルトをしない特徴がありますが、カマーバンドをベストにした場合はベルトの着用が認められるなど例外もあります。
ただしベルト用の穴がないスーツもありますから、サスペンダーで肩から吊るすのが一般的です。

ドレス本体と補正下着とアクセサリー類を借りれば整う花嫁衣裳よりも、ネクタイやカフス、サスペンダーなどこまごまと小物を揃えなければならない花婿衣装のほうが多少手間がかかるかもしれませんね。
「ダークスーツ」「ブラックスーツ」は夜のお式でも着用可能ですが、できれば昼に着る場合よりシルエットや小物類でこだわりを見せるのがオススメです。

詳しくない方や自信がないという方も、配偶者様に見立ててもらったり、貸し衣装店のプロと相談しながら、納得できる装いでお式に臨みましょう。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!新郎の貸衣装[スーツ・タキシード]の関連記事